Googleマップで強制的に表示言語を指定する方法

以前に開発者向けのGoogle Maps APIで表示言語を切り替える方法をまとめましたが、一般ユーザ向けのGoogleマップでも言語を切り替えることができます(新バージョン・旧バージョンどちらでも)。
URLにhlというパラメータを追加して、言語コードを指定すると、その言語で表示されます。メニュー操作で切り替える方法はないようです。
たとえば日本語表示の場合はこちら。
http://maps.google.com/?hl=ja&gl=JP
英語表示の場合はこちら。
http://maps.google.com/?hl=en&gl=JP
ロシア語表示の場合はこちら。
http://maps.google.com/?hl=ru&gl=JP
この他に指定できる言語コードの一覧は、Googleの開発者向けサイトにあります。いくつか試してみましたが、日本国内の地名がすべての言語に対応しているわけではなさそうです(たとえば、中国語zh-CNにしても、日本の地名が簡体字になるわけではない)。
なお、gl=JPというパラメータも指定していますが、これは初期表示位置などを日本にする効果があるようです。

宣伝: Maps API利用サイトの受託開発やってます

Maps APIを利用したサイト開発を業務としてお受けしています。地図サイト受託開発サービスをご覧の上、お問合せください。